ヒトメタニューモウイルス感染症(肺炎、気管支炎)が流行しています

2019年07月08日

手足口病が流行していますのでご注意ください

本年は西日本を中心に手足口病の患者さんが大変増加しています。

愛知県でも最近では最も早いペースで増加しており、7月4日には警報が発令されました。
蒲郡市内でも先月から患者さんが増加しておりますので御説明させていただきます。

1. 原因:
複数のウイルス(コクサッキーA6型、同16型、エンテロウイルス71型など)がこの病気の原因となりますがウイルスの種類によって症状がやや異なり、また年によって流行するウイルスが異なります。

2. 潜伏期間、感染様式等:
潜伏期間は3-5日とされ、患者さんの咳や鼻汁からの飛沫感染、便からの経口感染等にて伝搬します。患者さんの便からは2-4週間もウイルスが検出されます。
またお子さんだけでなく大人の方も感染します。

3. 症状:
病名の通りに手、足、口に2-5㎜の水泡を有する発疹が出現しますが、その他、肘、膝、お尻に出ることも多いです。
その発疹の数や大きさ及び部位は患者さんによってかなり異なります。

本年流行しているコクサッキーA6型では発疹が大きく、水痘(みずぼうそう)との区別が困難な場合もあります。
発熱は約1/3の方にあります。
口の中、特にのどに発疹が出ると痛くて食べられなくなる場合もあります。
まれに脳炎を起こす場合もあります。

4. 治療および予防:
残念ながらこの病気の原因となるウイルスに対する薬やワクチンはありません。
発熱や脱水症状に対しては対症療法になり、学校保健法上は登校や登園の制限はありませんが、園での水遊びではプールは避けていただく場合が多いようです。

なお市内では水痘も流行しており、上に書きましたように水痘との区別が難しい場合もありますので、早めに受診されますことをお勧めします。

katokodomo at 13:00│感染症情報 
ヒトメタニューモウイルス感染症(肺炎、気管支炎)が流行しています